お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

〈HPVワクチンQ&A〉コロナワクチンとの間隔は?

HPVワクチンに関するご質問の中で、最も多いのがコロナワクチンに関することです。

以前はワクチンの副反応に関する質問がダントツでした。

しかし、コロナワクチンもHPVワクチンと同じ筋肉注射ということもあり、筋肉注射への理解が広まりつつあります。

HPVワクチンもコロナワクチンも、どちらも大事。

両方接種するにはどうすればいいの?

という疑問が多数寄せられてます。

不勉強でとても反省しているのですが、コロナワクチンが出るまで、私は「ワクチンは、生ワクチンと不活化ワクチンの2種類しかない」と思ってました。

違うんですね。

現在、日本で主に接種されているコロナワクチンは、ファイザーとモデルナのワクチンです。

どちらもm-RNA(メッセンジャーRNA)という遺伝子が組み込まれたワクチンですが、感染性は全くないので安心してください。

これは、不活化ワクチンでも生ワクチンでもありません。

したがって、他のワクチンとの接種間隔は以下のようになってます。

厚生労働省のこちらのQ&Aをご覧ください。>

新型コロナワクチンとその他のワクチンは、互いに、片方のワクチンを受けてから2週間後に接種できます。

それから、医師会から次のような案内がありました。

「新型コロナワクチンは、一定期間空けて2回接種しますが、

その間は、それ以外のワクチン接種を行わず、連続して、新型コロナワクチンを2回接種するようにしてください。」

ワクチン同士の接種間隔は、安全性や有効性の経験の蓄積により変化するので、現在はこのようになっていますが、今後変わる可能性があります。

その都度確認するようにしてください。

というのも、一般的なワクチンの接種間隔が1年前にがらりと変わったからです。

こちらの厚労省HPをご覧ください。

「ワクチンの接種間隔の規定変更に関するお知らせ」こちら>

それまでは「生ワクチンは前後1か月」「不活化ワクチンは前後1週間」の接種間隔をあける必要がありました。

生ワクチンとは、BCG、麻しん、風疹、水痘(水ぼうそう)、おたふくかぜなどです。

それが、次のように変わりました。

「生ワクチンと生ワクチンの接種間隔は1か月(正確には27日以上)」あけなければなりませんが、

「それ以外は接種間隔の制限はない」となりました。

HPVワクチンは不活化ワクチンです。

したがって、他のワクチンとの接種間隔をあける必要はないのですが、

コロナワクチンは原則から外れます。

ややこしいですね。

 カテゴリー:がん(予防、検診、治療)  2021年07月12日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日
◎:火曜午後は15:00からとなります。
火曜午後、木曜午前の診察は金子容子医師と植田院長の2診体制で行います