お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

ステキな16歳♡

生理痛で受診した16歳の女子、学校でがんの勉強をしたので「子宮頸がん予防のワクチン」をうちたいと言ってきました。

中・高校生といえば、ネット情報に振り回されてるというイメージが私の中であったので、少しびっくりしました。

実際に、不妊症になるから(コロナ)ワクチンをうちたくないという話を聞くからです。

何が正しくて、何が間違っているのか。

メディアリテラシーともいいますが、判断する力は年齢に関係ないんだなあと思います。

妊娠・子育ても同じ。

10代の妊娠は社会的に問題になりますが、それは予期しない妊娠だからです。

ほとんどのケースが中絶という結果になります。

産む産まない、中絶するしない、それは女性の権利ですが、中絶は辛い選択になります。

10代の妊娠=予期しない妊娠と思われがちですが、現在の日本の法律では、男性は18歳、女性は16歳で結婚ができます。

(将来的には女性も18歳になるらしいです。)

産婦人科研修医1年目の時に出会った、16歳のAさんが忘れられません。

高校へは進学せずに16歳で結婚、妊娠しました。

パトナーは20歳の社会人です。

Aさんは切迫早産で2か月入院してたのですが、模範的な患者さんでした。

自分は健康なのに、赤ちゃんのためにベットの上で過ごさなければならない。

子宮の収縮を抑える点滴をしているので、トイレに行くときは点滴台をゴロゴロ転がしていきます。

入院生活が長くなると、じっとしているのが辛くなってほとんどの妊婦さんが涙を流します。

Aさんもそうでした。

でも、流した涙は1回だけ。

一度泣いたらスッキリしたのか、その後は愚痴一つこぼさず、入院生活を続けました。

35週で退院して、38週で陣痛が来て入院。

出産もとても穏やか。

16歳でこんな素敵な出産ができるんだと思うほどに理想的なお産でした。

もちろん、家族(父母、義父母)に祝福されての妊娠・出産です。

だから年齢なんて関係ない。

ステキな16歳に出会うと応援したくなります。

 カテゴリー:がん(予防、検診、治療) , 子育て、思春期 , 妊娠、出産、産後  2021年09月24日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日
◎:火曜午後は15:00からとなります。
火曜午後、木曜午前の診察は金子容子医師と植田院長の2診体制で行います