お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

ピルを飲んでがんを減らそう!

生理痛が辛くて低用量ピルで治療をすることになったA子さん。

2回目の診察では、憂うつな表情。

「ピルはがんになるから止めた方がいいって言われた」と・・・

誰に?(と聞くことはあまりないのですが)

「お母さんに言われた」

う~~ん。

年に数回、こんなことがあります。

何だか悲しくなりますね。

ピルは排卵を止める作用があるので、

卵巣がんを予防できます。

(排卵で卵巣が傷つくことが、卵巣がんのリスクになります。)

ピルを10年飲んだら、卵巣がんが8割減らせるってすごいことだと思いませんか。

私たち産婦人科医からすると、卵巣がんは早期発見が難しくて、サイレントキラー(沈黙の病気)と呼ばれてます。

症状がないまま進行して、腹部膨満感など症状が出たときには、かなり進行している状態で見つかることがほとんどです。

だからこそ、予防に意義があると思いませんか。

ピルは排卵を止めるので、卵巣を傷つけません。

特に、昔の人より約10倍も排卵が起こっている日本女性では、ピルで排卵を止めるメリットは大きいと思います。

排卵回数が10倍?ってわかりますか?

妊娠・出産を繰り返してた昔の女性では、排卵・月経の回数は50回くらい。

現代日本女性は妊娠・出産の回数が減りました。

したがって、一生の排卵・月経回数は450~500回くらになります。

こんなに卵巣を傷つけているなんて。

他にも、ピルで子宮体がんが予防できます。

それでは、乳がんはどうでしょうか?

乳がんは増えるという報告と、変わらないという報告があります。

死亡率は下がるようです。

それは、早期発見ができるからかもしれません。

ピル飲む飲まないにかかわらず、9人に1人が乳がんになる時代です。

日本人の乳がんは、40~50代がピークです。

・乳がんは早期発見が可能

・卵巣がんは早期発見が難しい

・ピルで子宮内膜症を予防できる

・子宮内膜症による不妊症も予防できる

これがピルの実際です。

お願いだから、ピルはがんになるからって言わないでください。

 カテゴリー:低用量ピル、月経  2022年06月07日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日 ◎:火曜午後は15:00からとなります。
※火曜午後、木曜午前の診察は金子容子医師と植田院長の二診体制です。