お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

子宮内膜症の治療薬 低用量ピル~ディナゲスト

昨日の続きです。

閉経療法による子宮内膜症治療に限界を感じた頃に出てきたのが低用量ピルです。

低用量ピルについてはブログに何回も書いてきましたが、今日も熱く語らせてください。

低用量ピル

1999年最初に日本で発売された低用量ピルは自費の避妊薬としてでしたが、嬉しかったです。

まず、自分で試して子宮内膜症に効くという確証を持ったので、自信をもって患者さんに処方しました。

子宮内膜症と私はこちらから>

しかし、避妊薬として認可された薬なので、中・高校生に処方するときは大変でした。

「これはね低用量ピルって薬で、お母さんは聞いたことがあるかもしれないけど、生理痛を治療したり、子宮内膜症って病気を予防することができるんだよ。」

ほとんどの親子が納得してくれましたが、「うちの子にピル(避妊薬)を処方するなんて・・・」と、お母さんに睨まれることもありました。

ですから、2008年に月経痛の治療用として、低用量ピル(ルナベル)が発売になったときは喜び爆発でした。

それからは、「これは生理痛の治療薬で・・・」と説明できるようになりましたから。

しかし、低用量ピルではコントロールできない子宮内膜症の患者さん、それからピルを飲めない患者さんもいたので、ルナベルと同じ年にディナゲストが発売になって嬉しさ120%♡

 

ディナゲスト(一般名ジェノゲスト)

・ピルよりも子宮内膜症治療効果は高い

・血栓症のリスクがないので、喫煙者や40歳以上でも安心して飲める

このように書くと、それならピルよりもディナゲストの方がいいじゃないかと思うかもしれませんが、次のようなデメリットもあるので、若い方は低用量ピルがベストです。

・不正出血 不定期に出血が起きて、ダラダラ続くこともある。

・排卵を抑制するけど、ピルほどの抑制効果は強くないので、避妊もしっかりしたい場合は不向き。

・金額が高い 発売当時は保険がきいても1カ月1万円でした。しかし、2017年に後発品が発売されて4千円になり、この4月にさらに安くなりました。

このような理由から、患者さんの年齢や症状や状態から、どの薬を使うか相談させて頂きます。

 

 カテゴリー:クリニック  2018年04月12日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日
◎:火曜午後は15:00からとなります。
火曜午後、木曜午前の診察は金子容子医師と植田院長の2診体制で行います