お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

研究会でハプニング

毎月第4木曜日は横浜市産婦人科医会の研究会です。

本日も7時から桜木町でありました。

7時半から講演会ですが、演者の先生が高速道路の事故による渋滞に巻き込まれ、いつ到着するかわからないという状況で開始となりました。

 

私は産婦人科医会の学術部長で、毎月の研究会の司会をしています。

以前にも、九州から飛行機で来られた先生が、天候不良のため着陸ができず、講演開始が遅れたことがありました。

その時は、たまたま別の学術講演会で発表したばかりのスライドをUSBメモリで持っていたので、前座の形式で、演者の先生が到着するまで何とか時間をつなぎました。

 

今日は、持ち合わせのスライドがなかったので、どうしたものかと考え、咄嗟に産婦人科医3人で座談会をすることにしました。

協力してくれた先生2人に感謝です。

 

テーマは「低用量ピルとディナゲスト(ジェノゲスト)に使い方について」。

子宮内膜症患者さんに、低用量ピルとディナゲストをどう使い分けるか。

さらに、閉経療法とミレーナも治療に加えて、どう使ってるか。

副作用にどう対応してるか?

などなど、3人で漫才のように話が展開できました。

 

その中で参考になったやり方があります。

ディナゲスト(ジェノゲスト)は1日2回内服する薬ですが、出血や痛みがなければ減量するようにしてます。

私は、1日2回を→1日1回に減量してましたが、減量の仕方を2日で3回にした方がうまくいくようです。

具体的には、朝夕飲む→翌日は昼→朝夕→昼、という飲み方です。

 

他の先生の話を聞くのもとても参考になります。

こんな風に、横浜市の産婦人科医は勉強熱心、情報交換をしながら、レベルアップを心がけてます。

 

 カテゴリー:日常、諸活動  2018年04月26日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日 ◎:火曜午後は15:00からとなります。
*初診の方の受付は診療終了の1時間前までです。
火曜午後、木曜午前の診察は金子容子医師と植田院長の2診体制で行います。
水曜、金曜午前の診察は加藤有美医師と植田院長の2診体制で行います。