お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

自分の性の問題にしっかりと向き合うこと!

「セクシュアリティ」No87に

西澤哲さん(山梨県立大学教授)のインタビュー記事が

載っていたので紹介します。

著書に「子どものトラウマ」「子ども虐待」(講談社)

などがあります。

残念ながら、まだ講演を直接聴いたことはありません。

今回の記事を読んで「子ども虐待」や「性被害」などは

中途半端な気持ちで関わるものではないということを

改めて感じました。

私がこのような課題に目をそむけなくなったのは最近のことです。

以前は「怒り」ばかりが込み上げてきて、

自分の気持ちがコントロールできなくなるため、

私には向かないと思ってました。

加害者への怒りのため、

冷静でいられなくなるのです。

でも、人間って不思議ですね。

年を取ると「怒り」をコントロールして

自分を守れるようになってきました。

でも、それは学習や研修でも培われていくものでもあるわけですね。

西澤哲さんの意見を紹介します。

「私が卒業したサンフランシスコ州立大学には、セクシュアルアビューズ(性的虐待)のクラスがありました。そのクラスを受けるためには前段階でセクソロジーの講座を受けなければなりません。セクソロジーの授業では、朝8時半から3時間、障害者や高齢者のセックスも含めていろいろなビデオを見せられたり、自分のセックスストーリーをグループディスカッションで話すんですね。そのような形で性や性の問題をオープンに話す場を経なければ、セクシュアルアビューズの授業を受けることができないんですよ。」

「日本でも子どもたちの性の問題にきちんと向き合おうとするならば、自分の性の問題にもしっかりと向き合っておかないと対応できないのではないかと思っています。」

 

 カテゴリー:子育て、思春期  2018年10月05日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日
◎:火曜午後は15:00からとなります。
火曜午後、木曜午前の診察は金子容子医師と植田院長の2診体制で行います