お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

ピルは不妊を予防する!

「ピルを飲むと不妊症になるんですか?」と、

突然診察室で泣き顔になった女子がいます。

根拠のない言葉で彼女たちはとても不安になります。

ピルを飲んで生理痛が消えたし、

ピルが体にいいってことも自分ではわかっているから続けたい。

それなのに、不妊症になるなんて言われたら心配になります。

ピルをのむことで、

妊娠しやすい体をキープすることはできるし、

むしろ妊娠しやすくなることもありますが、

不妊症の原因にはならないので、

心配しないでください。

 

<ピルは子宮内膜症を予防する>

子宮内膜症は不妊症の原因になります。

ピルを飲めばそれを予防できます。

その理由は次の通りです。

子宮内膜症の原因は、

月経血が卵管を通って腹腔内に逆流するためです。

ピルを飲むと

(1)出血量が減って、逆流血も減る

(2)子宮収縮が弱くなり、逆流血が減ります。

 

<ピルは子宮内膜症を治療する>

既に子宮内膜症になっていたとしても、

ピルを飲んで治療すれば妊娠しやすくなります。

 

将来妊娠したいと思っている方は、

是非積極的にピルを飲んでおきましょう。

(※)注意していいたきたいのは「加齢」です。だらだらと妊娠を先延ばしすることで、卵子の加齢で不妊症になることがあります。特に35歳以上を過ぎると、妊孕能(妊娠する力)が低下します。

 

 カテゴリー:子宮内膜症/子宮腺筋症、子宮筋腫 , 低用量ピル、月経  2018年10月06日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日
◎:火曜午後は15:00からとなります。
火曜午後、木曜午前の診察は金子容子医師と植田院長の2診体制で行います