お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

ディナゲスト(ジェノゲスト)の使い方

ディナゲスト(ジェノゲスト)は子宮内膜症や子宮腺筋症の薬です。

子宮内膜症・腺筋症の治療についてはこちら>

 

子宮内膜症も腺筋症も、

(簡単に言えば)

子宮内膜が本来の場所(子宮内)以外で増殖する病気です。

その内膜の増殖を抑えて萎縮させるのが、

黄体ホルモンのディナゲストです。

もともと保険がきいても月1万円もした薬ですが、

昨年「ジェノゲスト」というジェネリック(後発品)がでて4千円に、

今年の4月に薬価改定で3千円とさらに安くなりました。

しかも、当院で処方しているジェネリックは

「オーソライズド・ジェネリック」といって、

先発品のディナゲストと同じメーカー、

成分も添加物も全く同じものです。

 

ディナゲストの副作用は不正出血くらい、

血栓症(血液が固まったり)や吐き気などの心配はありません。

痛みから解放されるので、患者さんの満足度はとても高いです。

そんな薬を当院ではこんなやり方で治療してます。

1日2回飲む薬ですが、

出血が3か月なければ1日1回に減らしてみます。

それで痛みや出血が再発するようなら2回に戻します。

特に問題なければ1日1回1錠で継続します。

止める時期は患者さんと相談です。

1年以上出血がなければ閉経の可能性を考慮しますが、

チョコレート嚢胞(子宮内膜症性卵巣嚢胞)があった方は、

再発のリスクを避けるため、止める時期は慎重に考えます。

結局この薬もオーダーメイド治療ですね。

 

 カテゴリー:子宮内膜症/子宮腺筋症、子宮筋腫  2018年10月09日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日
◎:火曜午後は15:00からとなります。
火曜午後、木曜午前の診察は金子容子医師と植田院長の2診体制で行います