お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

6月20日(木)休診のお知らせ

6月20日(木)は横浜市学校保健会(青葉支部)で講演のため休診とさせていただきます。患者様にはご迷惑をおかけしますがご協力お願い申し上げます。

最近、学校関係で講演するときの演題名は

「子どもたちの将来のために、産婦人科医から伝えたいこと」にしてます。

先方の要望で副題を変えますが、産婦人科の現場で感じていること、伝えたいことをお話するようにしてます。

もっと早く受診して欲しかった。

生理痛は我慢するもんじゃないよ。

低用量ピル飲んでたら・・・。

あなたは悪くない、自分を責めないで!

こんな話に加えて、今回は性教育や人権尊重の話をたくさん盛り込みました。

「性教育とは、

正しい性の知識やスキルを教えるだけでなく、

人権を尊重し、対等な人間関係を築くことができる人間を育てること」

私が大好きな、産婦人科の先生が教えてくれました。

例えば、性の多様性。

ひとりひとりを大切にできる人は、性の多様性も認めることができる人です。

性って、心が生きるって書きますよね。

いやらしいものでも、いけないことでもない。

そして、性交は「心が生き生きと交わること」

何て素晴らしい言葉なんだろうと思います。

妊娠や性感染症から自分と相手を守るための知識はもちろん必要だけど、相手を思いやる気持ち、それから

自分を <見つめる><認める><コントロールする><表現する>

相手を <見つめる><認める><コントロールしない><表現を聞く>

これができれば最高のカップルですね。

いやいや、カップル間だけでなく、家族、友人、先輩後輩、同僚、職場などでも、できるといいですね。

でも、これってとても難しいこと。

私なんかいつも反省してばかりです。

 カテゴリー:人権、性教育  2019年06月18日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日
◎:火曜午後は15:00からとなります。