お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

低用量ピル 全体のがんのリスクは減ります

月経痛でピルを飲んでる患者さん。

月経痛よくなったからピルを止めてみました。

そしたら、やっぱり痛いのでピル再開したいです。

そうだね、ピルには他にもいいこと(副効用)があるので、是非将来のために続けてください。

というのは、微笑ましい外来の1シーンです。

ところが、こんな理由でピルを中断する患者さんが時々いらっしゃいます。

(インター)ネットに、ピルを飲むと乳がんになるって書いてあったから止めました。でも、月経痛が辛いのでどうしたらいいのでしょうか?

本当にピルで乳がんが増えるのでしょうか?

ピルと乳がんについては、いくつかの報告がありますが、乳がん発症リスクを増加させるというのと、増加しないという両方の報告があります。

増加するという報告を見ると、1.08倍とわずかに上昇するというものです。仮にそうだとしても、中止後10年以上経過するとリスクは無くなるといいます。

また、乳がんがわずかに増えたとしても、卵巣がんや子宮体がんなどが減るので、全体のがんリスクは10%~15%減ります。

さらに、日本人の乳がん患者さんは、11人に1人です。

ピル飲む、飲まないにかかわらず、11人に1人は乳がんになってしまいます。乳がんは(子宮がんもですが)、早期発見ができるがんです。

10代、20代の女性がピルを飲むメリットは、たくさんあります。月経痛がある方は、子宮内膜症やそれによる不妊症の予防ができます。

どうぞ、ネットの情報に振り回されないように、ピルライフを楽しんでください。

 カテゴリー:低用量ピル、月経  2019年11月15日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日 ◎:火曜午後は15:00からとなります。
*初診の方の受付は診療終了の1時間前までです。
火曜午後、木曜午前の診察は金子容子医師と植田院長の2診体制で行います。
水曜、金曜午前の診察は加藤有美医師と植田院長の2診体制で行います。