お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

いきなり尿もれ

尿もれ、他人ごとではありません。

40歳以上の女性の40%は尿もれの経験があると言われているくらい普通のことです。

尿もれにも種類があって、くしゃみをしたり咳をしたときに出てしまうのを「腹圧性尿失禁」と言います。

私も30代の頃に「腹圧性尿失禁」がありました。

走ったり、縄跳びなどで跳ねたりすると、もれてしまうのです。

骨盤底筋体操を3か月間、かなり頑張ってやりました。

骨盤底筋というのは、膀胱や子宮や直腸を支える筋肉です。

体操のおかげで、尿もれの心配もなくマラソンも走れるようになり、

尿もれとはおさらばしたと思っていていたのですが・・・。

今日、センター南駅から自宅に帰る途中、突然むせて咳き込んでしまいました。

20数年ぶりの、しっかりした尿もれにビックリです。

いつもなら、お尻に力を入れるだけで止まるのですが、自宅までわずかな距離だったので気が緩んでいたのかもしれません。

友人の産婦人科医A先生も、高速道路のパーキングエリアのトイレの間に合わずに尿もれしてしまったと話してたことを思い出しました。

骨盤底筋を鍛えることを日常にしましょう。

おろそかにしてはいけないですね。

それでも、一生懸命に体操しても尿もれ症状が改善しないこともあります。

Bさんもその一人です。

体操を頑張ったけどお腹に力が入ると尿がもれるので、2時間おきにトイレに行くようにしてるといいます。

夜間はトイレに起きることはないそうです。

腹圧性尿失禁でも体操で改善しない場合は薬物治療をしますが、Bさんの場合は内服薬でも症状が改善しないので、専門医に紹介することになりました。

尿もれに悩んでいる女性の皆様、まずは産婦人科を受診して相談してください。もちろん泌尿器科でもいいです。

人生80年、イヤイヤ90年の時代です。

尿もれとおさらばして快適に過ごしましょう。

 カテゴリー:未分類  2020年11月16日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日
◎:火曜午後は15:00からとなります。