お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

緊急避妊薬のOTC化について

「OTC」って何?

OTC(Over The Counter Drug)は、医師の処方せんがなくても、薬局・薬店で購入できる一般用医薬品のことです。

緊急避妊薬をOTC化する議論が昨年からされています。

私は何だかモヤモヤしていて、そのモヤモヤが何かもわからなくて、傍観者的に少し目をそらしながら見てました。

ごめんなさい。

緊急避妊薬とは、性交後72時間以内に内服すると高い確率で妊娠を防ぐことができる薬です。

妊娠阻止率は、

24時間以内に服用(95%)

48時間以内(85%)

72時間以内(58%)

早く服用した方が効果が高くなります。

緊急避妊薬を処方する産婦人科は増えてきましたが、仕事をしている女性などは、診療時間内に行けない場合もあります。

「緊急」なんだから、できるだけ早く飲みたい。

薬局で購入できれば早く手に入りやすくなります。

とってもいいことだと思いますが、二つ気になることがあります。

一つ目は、緊急避妊はあくまでも「緊急」で使用するもの。

ベースに継続的で安定した避妊の普及が重要だと思います。

日本には、経口避妊薬や子宮内避妊具、コンドーム、避妊手術などくらいしかありませんが、海外にはもっといろいろな種類の避妊方法があります。

また、10代は無料だったり、避妊薬・避妊具が無料のところもあります。

緊急も大事だけど、継続的で安定した避妊の普及についても議論して欲しいです。

もう一つは、性暴力などで悪用されないかという不安です。

実際に、緊急避妊薬を使用した性暴力の事例は発生してます。

OTC化によって手に入りやすくなれば、どうなるのか不安を感じます。

2週間前から「性教育指導セミナー全国大会」がWEB開催されてます。

講演を視聴する中で、性被害について考えさせられました。

私たち産婦人科医がやらなければならない課題もたくさんあることを自覚しました。

 カテゴリー:人権、性教育  2021年07月23日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日
◎:火曜午後は15:00からとなります。
火曜午後、木曜午前の診察は金子容子医師と植田院長の2診体制で行います