お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

生理痛 がまんしないで!

がまんして、ガマンして、我慢してきたけど、もう我慢できなくて受診する患者さんが増えてます。

コロナ感染が落ち着いたら受診しようと思っていたのでしょうね。

緊急事態宣言が解除されるまで待ちたい気持ちはわかります。

9月12日まで延長になりましたが、さらに延長になったら我慢を続けなければなりません。

生理痛が悪化する原因としては、子宮内膜症や子宮腺筋症という病気が考えられます。

どちらも早期ならホルモン剤で治療ができます。

薬で治療ができなければ手術になりますが、現在は良性疾患の手術は後回しにせざるを得ない状況です。

ドラマ「ナイトドクター」をみていると、緊急の手術でもバンバンできそうな印象を受けますが、ドラマでは誰もマスクしてませんよね。

新型コロナウイルスが無ければの話です。

早くそんな状態に、普通の医療現場に戻って欲しい・・・と誰もが思ってますが、そう思いながら1年半経ってしまいました。

とにかく、予防できるものは予防していきましょう。

生理痛は早期に対応、ホルモン治療を開始することで、

痛みから解放される。

卵巣子宮内膜症性嚢胞(チョコレート嚢胞)の破裂による緊急手術を回避できる。

チョコレート嚢胞のがん化による手術を回避できる。

子宮腺筋症による大量出血の緊急対応の必要がなくなる。

それから・・・コロナ感染が落ち着いてから妊娠を考えているというなら・・・、

子宮内膜症や腺筋症は不妊症の原因になります。

避妊も兼ねて、低用量ピルで内膜症と腺筋症の治療・予防をしておきましょう。

そういえば、今年の夏は受験生の受診が少なかったな。

生理痛は病気です。

無いのが普通。

受験直前の月経調節は中用量ピルの使用になります。

今から始めれば、超低用量ピル(中用量の約3分の1のホルモン量)で調節が可能です。

生理痛、がまんしないでね!

 カテゴリー:子宮内膜症/子宮腺筋症、子宮筋腫  2021年08月27日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日
◎:火曜午後は15:00からとなります。
火曜午後、木曜午前の診察は金子容子医師と植田院長の2診体制で行います