お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

閉経を遅らせたい!

45歳のAさん。

今まで毎月生理が来ていたのに、今回は2週間も遅れているので心配になって婦人科を受診しました。

妊娠は絶対ないと言います。

28日周期で月経が来ている女性では、

月経から2週間後に排卵、排卵後2週間で月経がきます。

年齢が上がるとともに卵巣の機能は低下して、規則的な排卵が起きなくなります。

平均の閉経は50歳ですが、その前から卵巣機能が少ししずつ下がり、まず排卵する力が落ちてきます。

だから、45歳の月経不順は異常なことではないのです。

そして、Aさんは閉経を遅らせたいといいます。

(う~~ん、閉経を遅らせることはできないんだよね。)

(初経が早いと閉経が早いというわけでもないんだよね。)

閉経を遅らせることはできないけど、

閉経に伴うトラブル、更年期症状などを緩和させる方法はありますと説明しました。

少なくなったエストロゲンをホルモン剤で補います。

ホルモン補充療法(HRT)といいます。

ところが、Aさんの女性ホルモン関連の値を調べたら、まだ30代の女性と同じ状態でした。

遅れていた月経は3週間遅れてきました。

45歳を過ぎて月経が不順になるのは異常なことではありません。

そんな時期に備えて、30代から準備してもいいですね。

たとえば、低用量ピルを使えば月経調節はら~く楽です。

妊娠の希望がなければ、低用量ピルで出血の時期をコントロールできます。

40歳を過ぎて血栓症が心配という方には

ミレーナ(子宮内システム)

ジェノゲスト(黄体ホルモン)などがあります。

本当に40代半ばは難しいお年頃ですね。

月経不順になっても慌てないでください。

そんな時期が訪れることを想定して、何らかのホルモン治療を早々に開始しておくことも一つの手だと思います。

 カテゴリー:更年期、HRT、イソフラボン  2021年10月06日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日
◎:火曜午後は15:00からとなります。
火曜午後、木曜午前の診察は金子容子医師と植田院長の2診体制で行います