お問い合わせ・ご相談はお気軽に

横浜市都筑区茅ケ崎中央50-17
C・Mポート 8F

tel.045-949-2212
ひまわりレディースクリニック
電話をかける
横浜市都筑区茅ケ崎中央 50-17 C・Mポート 8F
  ▼ MENU

院長ブログ

カンジダ腟炎の予防と対処法

本日からクリニックは年末年始休暇に入ります。1月4日(土)も休診にしたので、9連休です。読書三昧の休日になるはずでしたが、神奈川県医師会で「子宮頸がんとHPVワクチン」のパンフレットを作成することになり、その執筆作業に本日から取りかかります。仲間の産婦人科医と協力して、楽しみながら良いものを作りたいと思います。

さて、この1週間はかゆみの患者さんと、出血が止まらないという患者さんがたくさんいらっしゃいました。

師走の忙しい時期、疲れと体調不良でカンジダ腟炎になってしまったんですね。

カンジダは真菌(カビ)の一種ですが、多くのヒトの体にいる常在菌だと思ってください。

健康な人ではカンジダは繁殖しませんが、疲れたり免疫力が落ちると繁殖します。だから、何も治療しなくても、十分に睡眠をとって休むだけで治ることもあります。

例えば、時々子宮頸がん検査でカンジダが見つかることがありますが、特に症状がなければ治療しません。

逆に、睡眠不足や体調不良が続いたり、抗生剤を飲んでいたりすると、カンジダ治療をしてもなかなか良くなりません。

治療には、外用薬(塗り薬)と腟錠(腟に入れる薬)があります。

最近は小学生でも寝不足でカンジダ腟炎になることがあり、その場合は外用薬だけで様子みます。寝不足の原因は、塾の勉強ということもありますが、布団の中でスマホをしていたりということもあるので、気をつけてみてあげてください。

さて、年末年始のお休み中にカンジダになってしまったら?

クリニックはどこもお休み。

ありがたいことに薬局に行けばカンジダの薬がありますので、それを買って使ってください。

無理に腟錠を使わなくても、外用薬だけで、十分に睡眠をとれば治ります。

私も20年以上前の夏休みにカンジダ腟炎になったときは、当時は腟錠は薬局になかったので、外用薬だけ使いました。

それから、カンジダを繰り返す方は、処方された残薬を予備に持っているといいと思います。

予防は、疲れない、ストレスをためない、ご飯をしっかり食べる、十分に睡眠をとるという健康管理ですが、難しいですよね。

 カテゴリー:その他(産婦人科関連)  2019年12月29日

クリニック概要

地図

Googlemapはこちら  >

横浜市営地下鉄「センター南駅」の改札口を出て、
エスカレーターを下り、
5番出口右1つ目のビルCM-PORTビル8Fです。

ひまわりレディースクリニック
診療科目:
婦人科
住所:
横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17
C・M ポート8F
TEL:
045-949-2212
最寄駅:
横浜市営地下鉄線「センター南駅」
5番出口出てすぐ
診療時間 日/祝 日祝
09:30~13:00
14:00~18:30

休診日:月曜、日曜、祝日
◎:火曜午後は15:00からとなります。